ブログ

2018.8.18スタッフブログ

新潟大学の志賀  受験勉強の本質編 番外 ~語学研修を振りかえる②~

今回は語学研修についてお話します!

 

 

さて、語学研修は、高校1年生の3月下旬からの、2週間程度の期間でした。

高校1年生の時の私の英語の成績は、可もなく、不可もなく。

特に小さいころから英会話に通ったりした経験もなく、英語力の蓄積0からのスタートです。

そこから、語学研修のために、10月頃から、英語力をつける勉強がスタートしました。

しかし、陸上部の部活も行っており、そう時間は取れません。

何をやればいいのか・・・と思い悩んだ私がとった方法は、

「単語帳(ユメタン)を必死にやる」でした。

単語を覚えれば英語は話せるんじゃないかと、短絡的に考えていました(笑)

でも、後々になって、これが正解だったと思います。

少なくとも私にはあっていました。

ユメタンは素晴らしい単語帳です。

(すみません、私はアルクの回し者じゃないですよ(笑))

何が素晴らしいかというと、単語だけじゃなく、フレーズで単語を覚えることができる点です。

また、7日間で100語を繰り返し学習して覚えるという目標設定も無理がありません。

さらに、CD付きで音から単語を覚えることもできます。

その特徴を最大限に生かし、語学研修に向けて、「ユメタン」をフレーズに至るまで覚え、

付属CDも活用しました。(家の中では常時聞いているような状態でした)

そしたら、アメリカに行ったときに、

自然とフレーズが口から出てきて、自分の思っていることが話せました。

もちろん、つたない英語です。流暢にぺらぺらと話せるわけではありません。

しかし、頭の中にある、「言いたいことのイメージ」に対して、

覚えた単語・フレーズが思い浮かぶのです。

覚えたフレーズが、英語を話すときによく使う文の型になっていて、

自然と文法もそこそこのものを話せていました。

つまり、私が英語力を伸ばす方法(特に会話力)で

おすすめするのは、単語をフレーズで覚える、というものです。

これが今回のブログで皆さんに伝えたかったことです。

 

英語は苦手だと思う人は、単語を頑張ってみてください。

理解できる単語が増えるに従って、英語力がついていると実感できます。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

次回ももう少し 語学研修について話しますね。

またどうぞよろしくお願い致します!

  • 合格発表前予約
025-261-8366 受付時間:9:00~19:00
  • お部屋探しガイド
  • 安心の入居サポート
  • Twitter
  • Instagram
  • OMOTENASHI