ブログ

2018.7.3スタッフブログ

新潟大学の志賀  受験勉強 各教科の本質編 国語 ⑤ ~問題作成者との対話~

こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?^^

梅雨も明けてもうすっかり夏ですね!

夏バテしないようにお互い気をつけましょう・・・

 

さて、前回は 「筆者との対話が大事だよ」

ということについてお話しました。

今回は「問題作成者との対話」

ということについてお話していきたいと思います!

 

さて・・

皆さんは国語の問題を解くときの時間配分はどうやっていますか?

大体国語の問題を解く工程は、

① 問題の文章を読む。

② 設問を読む。

③ 答えを考える。

④ 解答用紙に書く。

くらいかなと思います。

どこに一番時間を使っているでしょうか?

恐らく、①問題の文章を読む

に一番時間を使っているのではないでしょうか?

(そうじゃない方いらっしゃったらすみません(笑))

それが一般的なのかなと思います。

しかし、私は違います。

(正しくは 違いました、過去形ですね(笑))

① 問題の文章を読む、のと同じくらい、

② 設問を読む、という工程に時間を注ぎます。

なぜなら、いくら問題の文章がよく理解できていても、

設問に対して見当違いのことを答えていたら意味がないからです。

だから、私は問題の文章を読むことよりも、

設問の意図を正しく理解することに力を注ぎます。

また、問題作成者は、意味のない設問を作ったりはしません。

必ず何らかの意図があって設問を作っています。

その意図を汲み取ることが

設問への正しい回答を作る近道へとなります。

「この問題は受験生のどの力を見ようとして作られているのか?」

「序盤だから簡単めの問題にしてあるはず」

「おそらくこの要素が加点ポイントだろう」

このように問題作成者の意図を先読みできると、

素晴らしく国語が解きやすくなります。

最初は難しいかも知れませんが、

次第に数を重ねていけば「問題作成者が何を意図してこの設問を作ったのか?」

を理解できるようになります!

そのためには徹底的に問題作成者の目線に立って、

設問を読み込むことが必要です。

その作業を行っていると、

まるで、遥か彼方の問題を作成した人と

対話しているような気分になってきます。

なので

「問題作成者との対話」と私は勝手に命名しました(笑)

設問を徹底的に作成者目線に立って読み込む。

これを意識すると良いと思います!

 

それでは今日はこの辺で!

また次回お会いしましょう!

 

次回は長かった国語編もついに最終回です!

よろしくお願いします!

  • 合格発表前予約
025-261-8366 受付時間:9:00~19:00
  • お部屋探しガイド
  • 安心の入居サポート
  • Twitter
  • Instagram
  • OMOTENASHI