ブログ

2019.11.7受験対策

受験対策「面接試験のポイント」教育学部1年Yさん

面接試験のポイント

皆さんはじめまして、新潟大学教育学部のYです。

推薦試験や教育学部のことなどについて書いていこうと思います。

よろしくお願いします。

 

さて、推薦試験まであと一か月を切り、不安が高まっていくころだと思います。

皆さんの不安が少しでも軽減されるよう、まずは面接試験について端的にまとめてみました。

面接試験で大事なポイントは主に以下の3つだと思います。

  1. 大学・学部に行く目的が明確であるか
  2. 想定される質問の回答について掘り下げられたときの対応ができるか
  3. 面接官の顔を見ながらはっきりゆっくり話せるか

 

まずは①です。

面接官の方々はやはり、「多くある大学の中からなぜ新潟大を選んだのか」を皆さんに聞いてきます。

私が所属する教育学部は、もちろん全国にありますし、教員養成に特化した単科大学もあります。

もっと言えば、他の学部でも教員免許は取れてしまいます。

だから、理由を明確にしておくことが大切です。

 

次に②です。

例えば、教育学部の志望理由として「お世話になった先生がいるから」と回答したとき、面接官の方々は具体的なエピソードを尋ねてきます。

研究したいテーマがあるときも同様です。

上記①とも共通してきますが、どんな質問が返ってきても落ち着いて答えられるよう、準備しておくことが大切です。

私は面接が終わった後、話が抽象的すぎると面接官の方に言われてしまいました……。

 

 

最後に③です。

質問をしてきた面接官の方を向いて話すことは、面接において非常に重要です。

目を見て話すことができればいいのですが、それが得意ではない人も多いですし、本番になって緊張しているとなかなか難しいです。

そのために鼻を見ながら話す……というのはよく聞きますよね。

鼻でも見ながら話すのが苦手な私のような方は、ネクタイから練習するのをお勧めします。

 

以上、面接のポイントでした。

あらためて自分の面接ノートを見返してみてはいかがでしょうか。

  • 合格発表前予約
  • 新潟大学
  • 新潟大学
025-261-8366 受付時間:9:00~19:00
  • お役立ちガイド
  • 安心の入居サポート
  • Twitter
  • Instagram
  • OMOTENASHI